バイオテック|ふさふさのキューティクルヘアを復活させよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

beautiful

脂肪吸引の進化

過去から学ぶ脂肪吸引

ベイザーとは脂肪吸引技術のひとつです。歴史は1970年代頃から始まりました。種類は主に5つに分けられます。 一番最初に登場したものがサクションアシスト脂肪吸引という方法です。低気圧状態をつくることによって吸引力を大きくするというものです。特別な機器を使用しており、今もあらゆる医療機関で利用されている一般的なものです。その次に、超音波による吸引方法が登場しました。しかしこれは超音波が強すぎることによるトラブルが多数起こり、あまり採用されていません。 その後安全性を求めたレーザーによるものが登場しましたが、効果があまり期待できずこれも採用されませんでした。同時期に登場したボディジェットも同様に効果は低いものでした。そして、試行錯誤を重ね、安全性と吸引量の増加を期待できるベイザー吸引の方法が生まれました。

体の健康も考えられたベイザー脂肪吸引

現在、ベイザー脂肪吸引は非常に期待されている治療方法です。特に、肥満大国とされているアメリカにおいてはこの治療方法が最高峰というイメージが定着されています。従来の吸引方法と比べてもメリットが多く、今後も沢山の人が利用するといわれています。よって、普及のスピードは今後も急速に進んで行くと予測されます。 メリットとして、今までの吸引方法は脂肪を削り取るというイメージがありました。これは体の繊細な組織に傷をつけてしまう心配もありました。しかしベイザーでは、傷を最小限に抑える特別な音波を使用しています。また、今までは柔らかい部分しか完全に脂肪を落とすことができませんでしたが、ベイザーでは硬い部分もスムーズに落としやすいです。健康にも良いベイザーはこれからますます利用者が増加すると予測されます。